大谷翔平の成績 投手編

みなさんこんにちは、タクヤです。
今年球団史上初めてアリゾナでキャンプを
張った日本ハム。

充実した設備で充実したキャンプになったようです。
日ハムのキャンプ映像


さて今回は大谷翔平選手の過去三年間の
投手としての成績を振り返っていきたいと思います。



スポンサーリンク










大谷翔平の成績2013


0523ohtani-001-thumb-400x322-49884.jpg
出典:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2013/0...

公式戦成績2013(投手)

登板試合数:13試合
勝敗:3勝0敗
投球回数:61回 2/3
奪三振数:46個
防御率:4.23

2013年は大谷翔平選手にとってプロ1年目。
開幕1軍入りを果たしシーズン通じて1軍でプレーしました。

1年目は投手として上記のような成績となりました。
大谷翔平選手としは物足りないようにも見えますが
高卒1年目ですから、上出来ですよね。

ちなみにダルビッシュ有投手の1年目の成績は
登板数14、5勝5敗、防御率3.53でした。

田中将大投手の1年目の成績は
登板数28、11勝7敗、防御率3.82でした。

ダルビッシュ有投手と大谷翔平選手の成績は似てますね。
大谷翔平選手は二刀流であることを考慮すると
1年目の成績としては決して悪くなかったと思います。



スポンサーリンク










大谷翔平の成績2014


公式戦成績2014
投手
登板試合数:24試合
勝敗:11勝4敗
投球回数:155回 1/3
奪三振数:179個
防御率:2.61

2年目は11勝4敗でWHIPSも2013年の1.46⇒1.17
となり飛躍の1年となりました。

1年目に比べて球威も増しコントロールもよくなった
という印象を受けました。

そして2014年はベーブルース以来となる10勝10本塁打も
達成した大谷翔平投手。

日米野球にも登板し世界にその名前が知られるきっかけ
となった年であったということができるでしょう。

大谷翔平の成績2015



公式戦成績2015
投手
登板試合数:22試合
勝敗:15勝5敗
投球回数:160回 2/3
奪三振数:196個
防御率:2.24

2015年はプロ入り後初めて
開幕投手を務めた大谷翔平投手。


エースとして1年間フル回転の活躍を見せました。
15勝5敗と貯金も10作りWHIPSも0.79という驚異的な
数字を残しました。
※WHIPS=1イニングあたりに許した出塁数(被安打+与四球)
1.00未満であれば球界を代表するエースということができます。

シーズン通じて素晴らしい成績を収めた大谷翔平選手ですが
CSであったり首位攻防戦など大事な試合では打たれてしまった印象があります。

実際2015年の優勝チームソフトバンク戦では1勝2敗
防御率6.58と打ち込まれています。

来年以降は強いチームとの試合や大事な試合でも
力を発揮できるメンタルが身につけばまさに「無双」となるのではないでしょうか。

まとめ


入団してから3年間の大谷翔平選手の投手としての
成績を見てきました。

入団3年間でグングン力をつけているという印象の
大谷翔平投手。


2016年はどんな活躍をみせてくれるかまた
どんな成績を残してくれるか非常に楽しみですね。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。



スポンサーリンク











この記事へのコメント