大谷翔平の筋肉がヤバいことに!?

みなさんこんにちは、タクヤです。
2016年のペナントもいよいよ開幕が近づいてきました。


日ハムの大谷翔平選手の活躍も楽しみですね。
オープン戦ではバッティングも絶好調で打率5割
に迫る勢いだそうです。


バッティングフォームの改善にも取り組んでいるそうです。
DeNAの筒香選手などが取り入れているいわゆるすり足打法の習得に励んでいるそうです。


肉体改造の結果足を上げなくても
飛距離が出るようになったんだそうです。


今年は投手としてはもちろんのこと打者としても
期待できそうですね。


3割30本のいわゆるトリプルスリーに
加え20勝200奪三振を期待したいです。


仮に達成できたらまさに怪物ですね。
関連記事
・大谷翔平の驚くべきサラブレット一家


スポンサーリンク










大谷翔平の筋肉が凄いことに!?


大谷翔平選手は顔は子供のように幼いですが
鋼の肉体をしています。


百十の王武井壮さんをして「素晴らしくてジェラシーを感じる」
と言ったほどの肉体ですからね。本当に凄い筋肉をしているん
だと思います。
4f7ab98d.jpg
出典:http://peek-sport.club/ohtani-motemote
身長:193cm
体重:96kg
体脂肪率:10%以下


身長と体重もさることながら体脂肪率
10%以下っていうのが凄いですよね。


体脂肪率10%にしたいと思ったら筋肉をつける
ことに加え食事制限もしっかりしているんでしょうね
本当にストイックなんですね。


さらに今年はオフに肉体改造に取り組み
93kg100kgにしてそのあとさらに96kgまで絞ったようです。


今シーズンは今まで以上に球威が増すとともに打撃面での
進化も期待できそうですね。



スポンサーリンク










柔軟性も凄い大谷翔平


大谷翔平選手の場合は筋肉が凄いだけではなく
柔軟性も凄いんだそうです。
E5A4A7E8B0B7E7BF94E5B9B319.jpg
出典:http://otanilove.blog.so-net.ne.jp/2015-01-04-1

特に肩関節の柔軟さは日本人離れしており
その柔軟さがあるがために腕を鞭のように
しならせて速い速球を投げることができるんだそうです。


肩関節が柔らかいピッチャーでも100~110°程度までしか
しならないのに大谷翔平選手は135°までしなるんだそうです。


160キロの速球を投げられる秘訣は恵まれた体格と筋肉
それに加えて柔軟さを兼ね備えているからなんですね。

まとめ


今シーズンオフに更なる肉体改造に取り組んだ大谷翔平選手。
今までも十分凄い筋肉をしているといわれていましたが
より逞しい筋肉を手に入れたようです。

今シーズンは更なる飛躍が期待できるのではないでしょうか。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます。
・大谷翔平は韓国でも人気!?
・大谷翔平はメジャー無理だと!?
・大谷翔平はいつメジャーに行くのか



スポンサーリンク












この記事へのコメント